現場業務の効率化は間接材領域がポイント!今すぐ始めたい購買領域のDXとは

  • 株式会社MonotaRO
  • 00:00 オープニング 会社概要
  • 01:24 企業におけるDXの現状
  • 02:45 購買領域DXで効果的な間接材領域について
  • 03:56 業務効率化のカギは間接材のロングテール
  • 05:08 効率的な間接材購買の標準プロセス構築
  • 08:00 まとめ 間接材集中購買サービスのご案内
セミナー内容の紹介

企業がこれから競争優位性をもって生き残っていくためにはDXが必須となっており、各社様とも社内でDXを推進するための情報収集や具体的な方法の検討をされていらっしゃるかと思います。
そんな中、購買領域においても、今まで以上にDX化やコスト削減の重要性がクローズアップされるようになってきており、さまざまな業種の企業様において、急ピッチで購買環境の改革が求められてきている状況です。
実際に、調達は「DXの実現可能性が高く、投資対効果が高い」ということが各調査結果からも明らかになっておりますので、今まさにDXに取り組むべき領域と言えます。

今回は、その中でも着手がしやすく、短期間で効果が出やすい間接材調達の領域における問題解決にフォーカスしてお話します。

この動画では、なぜ間接材領域なのか?推進における課題と解決法、実際に推進するための手段とは?
という部分について、大企業への間接材集中購買サービスを1500社の大企業に提供してきた実績のあるモノタロウから、これまでの解決実例に基づきながらお話をしていきます。

出演

株式会社MonotaRO
エンタープライズビジネス部門コーポレート営業第4グループ
臼田 辰也( うすだ・たつや)
臼田 辰也( うすだ・たつや)
※会員登録すれば、無料でセミナー動画を視聴できます