新規会員登録後、動画視聴&アンケートに答えて Amazonギフト券が抽選で当たる!

「DX=システム導入」は大間違い!DX推進の固定概念をなくし結果を出すには

  • 株式会社ビジネス・ブレークスルー
  • 00:00 オープニング 講師紹介
  • 00:53 DXを推進する際に立ちはだかる課題
  • 02:48 課題解決の為に打つべき「第一手」
  • 05:24 具体的な施策としての「トヨタ生産方式」
  • 06:42 ケーススタディ:見積書作成業務
  • 08:39 弊社ワークショップのご紹介
セミナー内容の紹介

DXに取り組んでいる企業が増えていますが、その多くが失敗している現状が散見されます。
ではなぜ、DXに失敗するのでしょうか。
DX失敗の主な要因は、「DX=システム導入」と考えている企業が多い事です。
システム導入はDXの過程の一つですが、これでは部分最適化であり、全体の最適化には繋がらず、本来のDXの本質である「変革」にはたどり着けません。
DX推進における優先順位は、「業務プロセスを最適化」する事です。DXを成功させるためには、業務の仕組みを根本から変える覚悟が必要です。
具体的には、「業務プロセス」を「見える化」しながら、デジタイズ→デジタライゼーション→DXを検討いたします。
本セッションでは、「Value Stream Mapping(VSM)」という、トヨタ生産方式の「モノと情報の流れ図」を元に開発された業務フロー/プロセスを可視化する手法を用いながら、また最新のDX事例にも触れながら、結果を出すためのDX推進についてご案内いたします。

出演

株式会社ビジネス・ブレークスルー
ビジネス・ブレークスルー グループ 株式会社ITプレナーズジャパン・アジアパシフィック 代表取締役社長
岡本 宗之(おかもと・むねゆき)
岡本 宗之(おかもと・むねゆき)
※会員登録すれば、無料でセミナー動画を視聴できます