【追微課税から逃げ切れ!】〈電子帳簿保存法〉対応ごとに見逃しがちなポイントまとめ

  • 株式会社シティアスコム
  • 00:30 対応必須!「電子帳簿保存法」とは
  • 01:53 対応しないとどうなる?
  • 02:42 改正にあたっての企業の課題
  • 04:00 具体的な対応方法と見落としがちな部分を解説!
  • 06:14 システム選定のポイントは?
  • 08:19 自社に合ったシステムを選ぼう!
動画内容の紹介

今回のテーマは「電子帳簿保存法」

「電子帳簿保存法が難しく理解できない」「現場での対応準備が万全じゃない…」
このような課題をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

その要因は、法律の内容の複雑性や経理・システム部門の業務負荷が大きいという部分が影響しています。
解決するにはどうすればよいのでしょうか?

そこでヒントとなるのが効率的なシステム導入による業務負担の軽減です。
「会計システム」「経費精算システム」だけでは見落としがちなポイントがあるかも?

本動画では、株式会社シティアスコムの有座健介様をお招きし、
「電子帳簿保存法」の課題を解決する具体的なヒントを伺いました!

出演

株式会社シティアスコム
サブリーダー
有座 健介(ありざ・けんすけ)
有座 健介(ありざ・けんすけ)

特集

無料会員登録で、全ての動画がずっと見放題!