お使いのブラウザ(Internet Explorer)は2022年05月30日をもってbizplayでのサポートを終了します。サポートが継続している他の一般的なブラウザへの移行をお願いいたします。

20世紀の体罰や脅しで溢れた職場から、現代の経営になるまでの道筋をチラヨミ【経営戦略全史 - 三谷 宏治】

  • 00:00 『経営戦略全史』
  • 00:39 5分で分かる!経営戦略史
  • 06:11 『経営戦略全史』を使い倒す一番楽しい4つの使い方
  • 09:04 経営戦略を深く学ぶとは
  • 10:17 おわりに

動画で紹介した書籍はコチラ

経営戦略全史 (ディスカヴァー・レボリューションズ)
経営戦略全史 (ディスカヴァー・レボリューションズ)
著者:三谷 宏治
発売日:2013/04/27
出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン
内容紹介

経営戦略100年の発展史を一気読み!
〜戦略実践のための新たな導きに気づく〜

本書は20世紀初頭から現在までの約100年間に登場した90余りの戦略コンセプトを紹介する
「ストーリーで読む経営戦略書」です。

本動画では、本書第1章 近代マネジメントの3つの源流 より
●テイラー「化学的管理法」=マニュアルによって生産性の向上
●メイヨー「人間関係論」 =対話によって生産性の向上
●フェイヨル「POCCCサイクル」=計画によって生産性の向上
など、現代でも活用されている経営戦略の誕生について、著者自らお話しいただきました。

本書では、動画の内容をさらに詳しく解説するとともに、
「会社のビジネス状況の解決策としての経営戦略論」「現代のイノベーション論の構造」 をお伝えします。
これまで経営学を学んできたみなさんに、最高の復習と新たな発見をもたらすこと間違いなし!
また、これからビジネスに立ち向かおうとするみなさんにとっては、よい指南書となるはずです。

チラッと目次紹介!
第2章 近代マネジメントの創世(1930〜60年代)
第6章 21世紀の経営環境と戦略諸論(2000年代〜)

読者の声!
●型破りだ。経営者の知的好奇心を必ず刺激する
●様々な戦略のコンセプトの関係性をこれ以上わかりやすく描くのは至難の業
●過去を学び今に活かすヒントを得て未来を作るための教科書

テイラーとメイヨーらに始まるこの100年の経営戦略論の流れを描いた「ストーリー」です。
経営戦略を学ぶ、入門もしくは仕上げにこの1冊をどうぞ!

動画内容の紹介

100年前には存在した経営戦略論の原点の誕生と歴史をご存知ですか?
どのような背景・意図で経営戦略論が開発されたのかを理解することで、
この状況の時にはコレを、この時にはコレを!と、 いろいろな場面で活用する事ができるようになります!

本動画では、本書より「近代マネジメントの3つ源流」「ポジショニン派の大発展」「ケイパビリティ派の群雄割拠」を簡単にまとめてお話しいただきました。

経営戦略を学びたい学生や社会人の方には欠かせない1冊となっています。

教科書的に、辞書的に、百科事典/Wikipedia的に、物語的に
あなたの目的に合った使い方で様々なことを学んでいき、活用していただけたら幸いです。

出演

KIT虎ノ門大学院
教授
三谷 宏治(みたに・こうじ)
三谷 宏治(みたに・こうじ)

特集

無料会員登録で、全ての動画がずっと見放題!