お使いのブラウザ(Internet Explorer)は2022年05月30日をもってbizplayでのサポートを終了します。サポートが継続している他の一般的なブラウザへの移行をお願いいたします。

ドラゴン桜の仕掛け人が感じる"言葉のズレ"【言葉のズレと共感幻想 - 佐渡島庸平】

  • 00:00 経歴と現在の働き方
  • 01:05 「具体」と「抽象」を 行き来する思考
  • 03:29 「言葉」の捉え方を視覚化
  • 07:48 言葉のズレを自覚する
  • 08:58 ズレの自覚から生まれた変化
  • 12:44 視聴者へメッセージ

動画で紹介した書籍はコチラ

言葉のズレと共感幻想
言葉のズレと共感幻想
著者:細谷 功・佐渡島 康平
発売日:2022/01/28
出版社:dZERO
内容紹介

 部下が言ったことをやってくれない...
 上司の言うことがコロコロ変わる...
そんな人とのコミュニケーションのミスマッチを感じることは多くあると思います。

「人は言葉を信頼しすぎている」
著者である佐渡島 庸平氏はこのように言います。
つまり言葉の意味は同じでも、認識の仕方は人それぞれ。

本書は、本動画に出演している佐渡島氏と、『具体と抽象』の著者でもある細谷氏の対談形式で議論が進み、人間の言葉と捉え方について深掘りしています。
答えが出しにくい難解なテーマに対して、テンポよく楽しく読み進められる1冊。

動画内容の紹介

「人と人とはズレあっている。」
ドラゴン桜の仕掛け人 佐渡島氏はそう語ります。

誰かとコミュニケーションを取るときに、必ず理解のズレが生じます。
必然的に起こるズレに対して、どう認知しどう対処していけばいいのでしょうか。
そして、「共感幻想」とは何なのでしょうか...?

今回は、株式会社morich代表の森本氏がモデレーターをつとめ、著者の佐渡島氏に本書の真意をうかがいます。

出演

株式会社コルク
代表取締役
佐渡島 庸平(さどしま・ようへい)
佐渡島 庸平(さどしま・ようへい)
株式会社morich
代表取締役All Rounder Agent
森本 千賀子(もりもと・ちかこ)
森本 千賀子(もりもと・ちかこ)

特集

※会員登録すれば、無料でセミナー動画を視聴できます