お使いのブラウザ(Internet Explorer)は2022年05月30日をもってbizplayでのサポートを終了しました。サポートが継続している他の一般的なブラウザへの移行をお願いいたします。

【絆徳経営のすゝめ 〜100年続く一流企業は、なぜ絆と徳を大切にするのか? - 清水 康一朗】

  • 00:00 絆徳経営のすゝめ 100年続く一流企業は、なぜ絆と徳を大切にするのか?
  • 02:30 これからの企業に重要な絆徳経営とは?
  • 04:14 絆を強くする5Kマーケティングとは?
  • 06:28 絆の分断に注意!陥りやすい罠の一例
  • 09:08 絆を深めたい方へ

動画で紹介した書籍はコチラ

絆徳経営のすゝめ 〜100年続く一流企業は、なぜ絆と徳を大切にするのか?〜
著者:清水 康一朗
発売日:2022/01/17
出版社:フローラル出版
内容紹介

これぞ令和の「論語と算盤」
SDGsが叫ばれる一方で淘汰が激化する時代、長期持続可能な経営を知る

「理想の企業像」が分かれば、崖っぷち企業が高収入企業に変わります。
過去の成功体験を捨て、今すぐ「持続可能な企業」に切り替える必要があります。
なぜ、人や社会に「よいこと」をする会社だけが伸びるのか?
最先端の 「絆徳経営(ばんとくけいえい)」 で、理念と経済合理性を両立しましょう。

本動画では、本書より、組織を分断する「7つの罪」と、絆を強くする「5Kマーケティング」をご紹介頂きました。
本書ではより詳細に、絆徳企業になるヒントをご紹介しています。

  • 経営者の使命は、○○と○○を増やすこと
  • ピラミッド型経営から○○型を目指しなさい
  • 社員とのきずなが勝手に強くなる、絆徳人事

ギリシャ哲学、インド哲学、中国思想、日本的精神を融合し、「世のため人のため」を掲げた鮎川義介氏の経営哲学を現代的に実践可能にした「絆徳経営」を初公開します。

社会との絆、従業員との絆を深めて、100年先も愛される絆徳企業になりましょう。

動画内容の紹介

絆は、ビジネスにおいても最強の資産となる!?

SNSの発展、価値観の多様化により、分断が起きやすい昨今。
普通の生活で強固な絆を形成するのは難しいですよね。
そこで、必須となるのが 「絆をつくるスキル」 です。

本動画でご紹介する「絆徳経営(ばんとくけいえい)」とは、意図的に相手によいことをすることで絆を絆と徳を深め、
経済合理性と社会性を満たす経営理論です。
「令和の論語と算盤」と呼ばれる「絆徳経営のすゝめ」の著者自ら、お客様、社員、社会の三方よしの経営をお話しいただきました。

出演

ラーニングエッジ株式会社
代表取締役社長
清水 康一朗(しみず・こういちろう)
清水 康一朗(しみず・こういちろう)

特集

無料会員登録で、全ての動画がずっと見放題!