お使いのブラウザ(Internet Explorer)は2022年05月30日をもってbizplayでのサポートを終了します。サポートが継続している他の一般的なブラウザへの移行をお願いいたします。

パワハラの定義を知り 上司・部下 良好なコミュニケーションを取る方法【一流の人は知っているハラスメントの壁 - 吉田 幸弘】

  • 00:00 『一流の人は知っている ハラスメントの壁』
  • 01:19 パワハラの定義
  • 04:47 テレワークで加速するハラスメント防止するマインドとは?
  • 07:04 ハラスメントを防止する3つのポイント
  • 07:49 Q.どうすればイライラをコントロールできますか?
  • 11:29 ハラスメントを恐れる方へ

動画で紹介した書籍はコチラ

一流の人は知っている ハラスメントの壁 (ロング新書)
一流の人は知っている ハラスメントの壁 (ロング新書)
著者:吉田 幸弘
発売日:2021/03/23
出版社:ロングセラーズ
内容紹介

部下を育成する上で叱る必要があるけれど、パワハラと捉えられないか心配で結局叱れない。
セクハラと訴えられないように、異性の社員とのコミュニケーションを避けている。
何がハラスメントになるか分からないので、リーダーになりたくない。

ハラスメントの判例は多く紹介されておりますが、いざそれらを現場に落とし込もうとすると、自身の置かれている環境や対人関係が事例と異なるため、当てはめることは困難ですよね。結果、どうしたら良いのか分からず極端にハラスメントを恐れ、「部下の成長の阻害」「社員同士信頼関係が築けない」「出世や責任を拒む」などの弊害が生まれてしまいます。

本書では、ハラスメント予防の知識を正しく身に着けて、おびえずに業務を遂行するためのノウハウをお伝えしております。

第1章 良かれと思っているのは自分だけ? 相手を怒らせる危険な言葉
第2章 問題が起きる前に まず聞き上手になろう
第3章 ハラスメントにならない頼み方
第4章 ハラスメントしないための心得
第5章 新しい時代のコミュニケーション

動画内容の紹介

パワハラを恐れるあまり、部下と益のないコミュニケーションを取ってしまっていませんか?
秀な部下を育てる上ではネガティブなフィードバックも必要なのに、パワハラを恐れるあまり叱れないということも…。

ハラスメントは次の3つのことから起きます。
・信頼関係がない
・無理な内容、あるいは、簡単すぎる内容をさせている
・言葉使いが乱暴
ハラスメントの定義を正しく知ることで、恐れることなく部下とコミュニケーションが取れるようになります。
本動画では、上記3つについてどのような場合が当てはまるのか、またそれぞれの防止方を実践的にお伝えします。

知らず知らずのうちに、パワハラをしているかも…と、不安な方も必見の内容です!

出演

リフレッシュコミュニケーションズ
人材育成コンサルタント
吉田 幸弘(よしだ・ゆきひろ)
吉田 幸弘(よしだ・ゆきひろ)

特集

※会員登録すれば、無料でセミナー動画を視聴できます